人民元両替や中国に持っていくお金の良い形は?銀聯カードが便利!

中国でいつものクレジットカードが使えずに、現金が不足して困った!

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード

海外へ旅行や出張、留学などで行く時には、

クレジットカードが欠かせませんね。

 

特に欧米ではカード払いが一般的になっていて、
VISAやマスターカードがあれば、小さな商店でも大概利用できます。

 

しかし、行先が中国となると事情が違ってきます。

VISA、マスターカード、JCBなどが弱いです。

 

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード

中国では独自の「銀聯(ユニオンペイ)」いう独自のブランドが圧倒的に強くて、

VISA、マスターカード、JCBなど国際ブランドに対応した加盟店やATMは、
都市部や観光地を中心に増えてはいますが、全体として銀聯にはかないません。

 

「銀聯」しか使えない店が多いですし、
VISAやマスターカードが使える店でも「銀聯」じゃないと断られたり、
手数料を上乗せされることもあります。
銀聯カードは日本人でも作ることができます。

 

電子マネーが急速に普及しています。

 

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード

日本以上に電子マネーが普及しています。

「支付宝(アリペイ)」と「微信支付(ウイペイ)」がその二大会社です。

 

市場や道端の露店、賽銭、結婚などの祝儀、寄付に至るまで、
支払できるところが増えていて、中国人の生活に根付きつつあります。

 

外国人も登録できますが、現地で銀行口座の開設が必要になりますので、
短期滞在の場合は、現実的ではありません。

 

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード「銀聯カード」や「アリペイ、ウイペイ」を持っていないと、
思いのほか現金の出番が多い
です。

 

このため、短期間の滞在でも現金が不足して、
慌てて両替に走ることになる場合がありえます。

 

 

 

 

ホテルによっては宿泊時にデポジット(保証金)として、数日の連泊で数百元、長くなると数千元を前払いで請求されますが、とくに地方のホテルだと、支払にビザやマスターカードが使えず多額の現金が必要で、困ったことがありました。

 

 

人民元を調達するお得で便利な方法は?

 

人民元を調達する手段

 

中国に行く時、必要な人民元を用意するには、次のような手段があります。

 

日本円(現金)を直接両替する

 

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード

日本国内の銀行や両替店などで両替する。

中国国内の銀行や両替店、ホテルで両替する。←お得!

 

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード

 

 

中国でATMを利用する

 

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード

クレジットカードでキャッシングする。←お得!

国際キャッシュカード、国際デビットカードからの引き出す。

海外専用プリペイドカードから引き出す。

 

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード

 

中国に持っていくお金のいい形は?

人民元を手に入れるお得な方法はコレ

 

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード

中国の街中の銀行で両替。

 

 

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード

中国のATMでクレジットカードを使ってキャッシング。

 

国内なら銀行

人民元は国内よりも中国で両替した方が得ですが、国内での両替なら銀行が比較的お得です。
 
また、成田・羽田・中部・関空の空港から出発する人は、銀行よりもレートが良いこんな両替サービスも利用できます。≫≫こちら。

 

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード

人民元(現金)を手に入れる一番お得なのは、現地の市中銀行での両替です。
基本的に手数料がなく、レートも良いです。

 

ただ両替の際は、パスポートと多額の日本円を持ち歩くことになるので
治安上のリスクがありますし、時間や手間がかかります。

 

このため、ATMから必要分の人民元を引き出すようにした方が便利で安全です。

 

ATMでは、クレジットカードを使ってキャッシングすると
費用が小さくて済みます。しかし、

VISAやマスターカード、JCBなどに対応していないATMが少なくありません。
中国では、先にふれたように国際ブランドが日本や他の国々ほど普及していなくて、
その代わりに、独自の「銀聯」が津々浦々まで普及しています。

 

利用できるATMの数はもちろん、支払いに利用できる加盟店の数も圧倒的です。

 

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード

そこで、中国にお金を持っていく一番良い形として、
「銀聯」と提携した海外専用プリペイドカードの「ネオマネー(NEO MONEY)」を提案します!

 

⇒「ネオマネー銀聯」について

「銀聯」って何?

銀聯は中国では圧倒的に便利です。

 

「銀聯」って何?

 

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード

このマークを見たことがある人も多いと思います。これが「銀聯」のマークです。
中国人旅行者の増加に伴って、日本でも対応のATMや加盟店が増えました。

 

この「銀聯(ぎんれん、Yinlian、UnionPay)」は、中国政府の国策によって、
中国の主要銀行が共同出資して誕生した中国最大のカード决済会社です。
「銀行」が「聯合(連合)」してできたので、「銀聯」という名称になりました。

 

 

中国では圧倒的な利便性

 

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード

銀聯カードの発行枚数は世界中で50億枚、中国国内でも40億枚以上で、
今では農村部まで普及が進み、「中国人の必需品」と言われています。

 

中国国内の全ての銀行のATM(約60万台)と加盟店約1700万店で利用できて、
圧倒的に便利です。人民元の為替レートも国際ブランドよりも比較的お得です。

 

 

もちろん、VISAやマスターカードなど国際ブランド対応のATMや加盟店も都市部を中心には増えてきていますが、
場所に偏りがあったり、銀聯は使えるけど、VISAやマスターカードなどは使えないATMや店も多いです。
銀聯以外のカードで支払うと10%ほどの手数料を取る店もあります。

 

こうした中国ならではの事情から、中国へ行く際は「銀聯カード」があれば便利で安心です。

 

 

日本で作れる「銀聯」提携カードには3つの形態が

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード

日本で「銀聯」提携のカードを作るには、「銀聯」提携のクレジットカードを申し込む、在日の中国系銀行に口座を開設して銀聯付きのキャッシュカード(デビットカード)を作る、「銀聯」提携の海外用プリペイドカードを作るという方法があります。
 

日本で作れる銀聯カードのいろいろ

どうして銀聯の海外プリペイドカードがいい?

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード

銀聯カードにはクレジットカード、デビットカード、
そして海外用プリペイドカードと3つの形態があります。

 

海外用プリペイドカードは、あらかじめ必要な金額を
日本円で入金(チャージ)しておいて、
その残高の範囲内で、海外のATMで現金を引き出したり、
加盟店で飲食や買い物の支払いに使えるというものです。
(チャージは随時できます)

 

クレジットカードのように「後払い」ではないので、申し込み時に信用審査はありません
このため、基本的に誰でも持つことができます。クレジットカードが作れない人も大丈夫です。

 

海外プリペイドカードで、中国の「銀聯」と提携したカードが「ネオマネー銀聯」です。
日本人が最も気軽に持つことができる「銀聯カード」です。

 

「ネオマネー銀聯」は、東証一部のクレディセゾン社が発行している海外専用プリペイドカードで、現時点では国内唯一の銀聯ブランドのプリペイドカードです。中国をはじめ海外の銀聯対応のATMや加盟店で利用できます!

 

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード

「ネオマネー銀聯」は、銀聯カードの中国での利便性と誰でも作れるプリペイドカードの手軽さを兼ね備えた、中国に持ってい「お金のいい形」です。
 
あわせて、VISAやマスターカードなど国際ブランドのクレジットカードが全く使えないわけでありませんし、傷害保険が付いていたりメリットもあるので、両方をもっておくと”鬼に金棒”です。

 

※お持ちのクレジットカードに旅行傷害保険がついてなければ、

(参考)旅行傷害保険つきで海外旅行に最適なクレジットカード13選

 

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード

 

「ネオマネー銀聯」のメリット

「銀聯」ネットワークが利用できます

 

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード

繰り返しになりますが、中国最大の銀聯ネットワークを利用できます
中国国内の全ての銀行ATMなどで人民元が引き出せるのはもちろん、
クレジットカードのようにそのまま加盟店(約1,700万店)で支払いに使えます。
ただし、ホテルの支払い保証(デポジット)など一部使えない場合が有ります。

 

※デポジットの支払には、あらかじめATMで人民元(現金)を用意してください。

 

13歳以上なら誰でも持てます

 

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード

クレジットカードとは違って申し込みの際に、信用審査はありません。
13歳以上であれば基本的に誰でも持つことができます
クレジットカードを持っていない人や持てない人も大丈夫です。
また、本人確認だけなので、短期間で作れます。
※申し込みの際は個人番号(マイナンバー)が必要です。

 

 

⇒中国に留学するお子さんへの仕送り用としても使えます。

 

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード

申し込み方法

  • インターネットの公式サイト、全国のセゾンカウンターで申し込みができます。

 

申し込みから利用開始までの期間

  • 一部のセゾンカウンターでは即日発行してくれます。運転免許証など本人確認書類を持参してください。ただし、セゾンカウンター自体が少ないので、大至急でなければ、インターネット申し込みが便利です。
  • インターネットで申し込みの場合は、申し込み後手続きなどに問題なければ土日祝を除く3営業日で自宅に届きます。到着後に利用登録や入金などをすませばすぐに使えます。ただ、郵送方法が本人限定受取郵便というもので、書留と違い本人しか受け取れないないので、配達のタイミングが合わないと時間がかかる可能性があります。中国への出発日が決まっている場合は、遅くとも1週間から10日前には申し込んだ方が確実です。

 

初期費用や維持費は無料です

 

入会費やカード発行手数料といった初期費用や年会費、口座管理費など維持費が無料なので、
頻繁に海外に行かない人でも使いやすいです。

カードの有効期限

  • カードの有効期限は5年です。期限が切れると、新しいカードが送られてきます(無料)。

 

使い過ぎの心配がありません

 

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード

カードに入金した金額分しか使えないので、使い過ぎの心配はありません
予算管理がしやすくなります。また不足すると随時補充できます。

 

※入金や利用状況は随時、会員専用サイトで確認できます。
またメールでも通知もされます(残高不足メール以外は受信拒否設定可)
※入金や利用には下記のような限度額があります。

カードに入金できる

最大金額

100万円

銀聯加盟店で1回あたり利用できる

最大金額

100万円

ATMで1回あたり引き出せる

最大金額

15万円

ATMで1日あたり引き出せる

最大金額

100万円

 

万一の時のリスクが小さいです。

 

多額の現金を持ち歩くよりも安全です。盗難や紛失の際も、入金額以上の損失はありませんし、
通報時点の残高が補償されます。
また、クレジットカードや国際キャッシュカードのように、口座情報とリンクしていないので安心です。
ちなみに、カードの再発行手数料は無料です。

 

「ネオマネー銀聯」はクレジットカードを持っている人にはメリット少ない!?

 

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード

この海外専用プリペイドカードは、すでにクレジットカードを持っている人にとっては、それほど魅力を感じないかもしれません。事実、日本円から人民元への両替もキャッシングを利用すると、プリペイドカードよりも少しお得です。プリペイドカードは、口座情報とリンクしていない安全性と、中国ならではの「銀聯」の圧倒的な利便性がメリットになってくると思います。

 

また、海外では複数の支払い手段を用意しておくことが安全対策になります。「ネオマネー銀聯」は支払い手段の1つとして最適です。

 

 

「ネオマネー銀聯」の注意点

日本国内では使えません

 

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード

「ネオマネー銀聯」の最大のデメリットは、日本国内では使用できないことです。
カードの残高は次の海外へ行く機会まで置いておくか、現金に払戻すかのどちらかになります
(払い戻し手数料500円が必要)。
カードに入金する際も、この点を考慮しておく必要があります。

 

ちなみに銀聯は中国以外の約140か国でも、ATMで現地通貨を引き出したり、加盟店で支払いに使用できます。

 

海外ATMでは引き出しと残高照会のみです

 

海外ATMでは引き出しと残高照会のみで、カードへの入金は出来ません。
入金は日本国内のATMで行うか、インターネットバンキングで振り込み手続きをします。

 

事前に「振込委任状」を提出しておくと、
海外滞在中に代理の人に日本から入金(振り込み)してもらうこともできます。

 

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード

カードに入金する方法

  • 銀行振り込み(国内ATM、ネットバンキング)
  • セブン銀行ATMから直接入金

 

利用の際は手数料がかかります。

 

「ネオマネー・銀聯」を作ると初期費用や維持費用はかかりませんが、利用の際に下記の手数料がかかってきます。

為替手数料

(海外サービス手数料)

4%(銀聯が決定した為替レートに4%を乗じたレート)

 

※銀聯の為替レート(市場のレートとは違います)を1元=20円とすると、1元=20.8円の為替レートが両替や支払い時に適用になります。 

海外ATM手数料

1回200円(引き出し時、残高照会時)

 

※カードの使用残高は、ネット環境があればメールや会員専用サイトでも確認できます。
※プリペイドカードだけに限りませんが、ATM利用の際、ATM設置者による手数料が掛かる場合があります。

 

銀聯はVISAやマスターカードに比べると人民元の為替レートは良いのですが、
上記の手数料のために、クレジットカードでキャッシングした時よりも多少悪くなります。

⇒中国でATMを利用した場合の損得を比べてみました。

 

中国への旅行、出張、留学にあると便利な1枚

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード

銀聯プリペイドカード「NEO MONEY銀聯」のメリットは、中国最大の「銀聯」の利便性を受けられること。また、クレジットカードを持ってない人や持てない人も、クレジットカードと同じような感覚で使えて、現金を持ち歩くより安全です。すぐに渡航の予定がなくても、使わなければ費用はかかりませんので、とりあえず作っておくといいと思います。
 

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード

 

中国に行く時にあると便利なものは、銀聯カードと「Wi-Fiルーター」!

 

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード

中国ではインターネットが規制されていて、グーグル(gメール、地図、YouTubeなど)やツイッター、フェイスブック、LINEなど利用できないサイトやサービスがあります。このため、多くの日本人は不便を強いられています。
 
そこで、この規制を回避できる中国向けの「Wi-Fiルーター」という小さな機器を日本でレンタルして持っていくと便利です。中国では、このWi-Fiルータを介してスマホやパソコンからインターネットにつなぐだけで、簡単に日本と同じようにインターネットを自由に使えるようになります。
 
指定場所への発送や返却の送料が無料で、リーズナブルで利用しやすいWi-Fiルーターもあるので、特に短期間の中国出張や旅行におすすめです。
 

中国,人民元,両替,銀聯,プリペイドカード